特別養護老人ホーム

1.当施設が提供するサービスについての相談・苦情窓口

~御不明な点については何でもお尋ね下さい。~
電話0428(23)6233(月~金曜日の午前9時~午後5時まで)
担当生活相談員 小嶋 直之
    〃       宇津木 真吾

2.介護老人福祉施設カントリービラ青梅の概要

(1)提供できるサービスの種類
施設名称特別養護老人ホームカントリービラ青梅
所在地東京都青梅市長淵1丁目930番地3
指定東京都
介護保険指定番号介護老人福祉施設 1372800209
開設年月日 1986年4月17日
入所定員 100名

(2)同施設の職員体制

        2015年4月1日現在

  資格 常勤 非常勤 業務内容
管理者   1(1) 0     1(1)
医師       2(2) 内科・精神科 2(2)
生活相談員  社会福祉士
介護福祉士 
2(2) 0        2(2)
栄養士  管理栄養士 1   0     1  
機能訓練指導員   1   3(1)   4(1)
介護支援専門員 介護支援専門員 1   0     2(1)
事務職員   3(1) 0     3(1)
介護看護職員 看護師 3(1)  0   
    3(1)  
准看護師 1   1     2  
介護福祉士 15(7)  7     22(7) 
介護職員実務者研修 0(0) 0     0(0)
介護職員初任者研修   3(1)  0        3(1) 
その他 0(0)  0(0)      0(0)
( )内は男性再掲
(3)同施設の設備の概要
定員 100名 静養室 1室 4床
居室 2人部屋  6室(1室19.5m2 医務室 1室
4人部屋 22室(1室38.9m2) 食堂 1室
浴室 一般浴槽と特殊浴槽があります。 機能訓練室 1室
談話室 3室

建物1 建物2

[▲建物見取り図をクリックすると拡大図が見られます▲]
浴室
お体の状況に合わせて、一般浴、機械浴(それぞれ週2回)がご利用できます。
医務
初期医療を担当する施設内診療所と協力医療機関との連携で,お客様の健康管理,疾患発症時等の対応にあたっております。
リハビリテーション
理学療法士・作業療法士・訓練指導員をはじめ,職員全体の手で,お客様の残存機能の維持・向上に努めております。

3.サービス内容

1.施設サービス計画の立案
  介護保険を利用するための介護計画を立案します。
 身体及び精神状態を客観的に把握し、課題分析を行
 い、お客様のご希望及び必要と判断される介護作業を
 計画化し ます。立案過程には介護支援専門員を中心
 に各職種が参加しますが、決定はお客様が行います。

2.食事
  3食とも離床しての提供が基本となります。療養食をは
 じ め、その方の状態に応じた食事内容をお出し致します。

3.入浴
  一般浴(介助浴を含む)、機械浴ともに週2回のご利用
 となります。 体調により入浴できないときは清拭等で代行
 致します。

4.介護
  介護計画に立案された介護作業を、介護職員及び看
 護婦等が行います。お客様毎に担当の介護職員を配置
 します。


5.機能訓練
  お客様の状態に応じて策定された訓練内容を理学療
 法士、作業療法士、訓練指導員等が機能訓練室を中
 心に実施いたします。 

6.生活相談
  日常生活全般について、生活相談員及び介護支援専
 門員が伺います。

7.健康管理
  当施設では年1回健康診断を行います。施設内診察
 は定期的に行いますが、その他必要に応じて医務室より
 医療機関へ連絡を取り、必要な対応を致します。また協
 力医療機関以外への専門外来診療については、別表の
 送迎、付添い、代行等サービスの対象となります。
8.通常メニュー以外のお食事の提供
  ご希望により施設外のお食事を利用することも出来ます。
 ご利用の際は事前にお申し出下さい。なお、ご利用の際に
 はご注文に品物の料金を業者にお支払いください。

9.理美容サービス
  月2回、施設内にて出張理容サービスが行われます。ま
 た、美容室を希望される方は別表の「送迎、付添い、代行
 援助サービス」をご利用ください。

10.行政手続き代行
   各種申請手続き代行をご利用ください。

11.預り金管理・支払い代行
   預り金担当がお客様個々の預かり金口座の出納、支
  払い代行等を行います。

12.所持品管理
   居室内の所定のスペース範囲内での収納をお願いいた
  します。なお、多額の金銭や貴重品の管理について責任
  を負いかねますのでご承知おきください。

13.レクレーション
   月例行事、クラブ活動を実施致しております。年間事
  業計画をご参照ください。

4.施設利用料

(1) 基本料金利用料早見表

① 施設利用

                                          (1単位:10.45円)
要介護度1 要介護度2 要介護度3 要介護度4 要介護度5
単位  547 614  682 749 814
※介護報酬の改訂に伴い、平成27年8/1から上記の単位数になります。

② 食費 食材料費および調理費用の基準費用額です。     日額1,380円

③ 居住費(下記A及びBの合計金額になります)      日額  840円

A:水光熱費相当分                   日額   320円
B:室料相当分                    
日額  470円

     入院、外泊時については上記「外泊時費用」と同じく、ベッドが確保されている場合月6日間を上限に費用が発生いたします

④ 預かり金管理・支払い代行料               日額  150円

(2)加算・費用等

  介護保険法により、介護老人福祉施設では契約書別表の加算一覧表にあります加算が設けられており、各要件に該当する場合に算定されます。加算項目は下表通りです。

       加算項目一覧】                          (1単位:10.45円)
  項目 金額 算定単位
1 日常生活継続支援加算  36 1日につき
2 看護体制加算Ⅰ2 1日につき
3 看護体制加算Ⅱ2 1日につき
4 夜勤職員配置加算Ⅰ2 13 1日につき
5 個別機能訓練加算 12 1日につき
6 若年性認知症受入加算 120 1日につき
7 精神科医療養指導加算 1日につき
8 身体拘束廃止未実施減算 -5 1日につき
9 外泊時費用(月6日限度) 246 1日につき
10 初期加算30日限度) 30 1日につき
11 退所前後訪問相談援助加算 460
1回につき
12 退所時相談援助加算 400 1回限り
13 退所前連携加算 500 1回限り
14 栄養マネジメント加算 14 1日につき
15 経口維持加算Ⅰ 400 1月につき
16 経口維持加算Ⅱ 100 1日につき
17 口腔衛生管理体制加算 30 1月につき
18 口腔衛生維持管理加算 110 1月につき
19 療養食加算 18 1日につき
20 看取り介護加算1 144 1日につき
21 看取り介護加算2 680 1日につき
22 看取り介護加算3 1280 1日につき
23 在宅復帰支援機能加算 3 0 1日につき
24 福祉施設サービス提供体制強化加算Ⅰ(イ) 1 8 1日につき
25 福祉施設サービス提供体制強化加算Ⅰ(ロ)  12 1日につき
26 福祉施設サービス提供体制強化加算Ⅱ 1日につき
27 福祉施設サービス提供体制強化加算Ⅲ 1日につき
28 認知症行動・心理症状緊急対応加算(入所後7日限度) 200 1日につき
29 介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 所定の単位数59/1000を加算  1月につき
30 介護職員処遇改善加算(Ⅱ)  所定の単位数33/1000を加算   1月につき
31 介護職員処遇改善加算(Ⅲ) (1)の算定単位数の90%を加算  1月につき
32 介護職員処遇改善加算(Ⅳ) (1)の算定単位数の80%を加算  1月につき
                          上記のうち、該当する項目が加算対象となります。

(3)その他料金

   ① 自費により利用頂きますサービスについては別表1をご参照ください。
  ② 上記①のほか、医療に関する費用、理髪、菓子・果物の購入、クリーニングなど
    外部のサービスを利用した場合は費用をお支払い頂きます。

(4)利用料等の減免について

   お客様の経済状況により下記の減額措置を受けることが出来ます。

  ①補足的給付制度

    居住費および食費については厚生労働大臣による基準費用額が定められておりますが、介護保険料徴収段階1~3段階の方に対しては過重負担を回避するための補足的給付が行なわれます。これは介護保険料徴収段階ごとに定められた負担限度額と基準費用額との差額を補足するもので、金額は下表の通りです。なお、補足的給付の受給には保険者の交付する「介護保険負担限度額認定証」の提示が必要となります。

   (居住費)                     (日額:円)
介護保険料徴収段階 基準費用額 負担限度額 補足的給付額
第1段階 840   0 840
第2段階 370 470
第3段階 370 470
 
 (食 費)                      (日額:円)   
介護保険料徴収段階 基準費用額 負担限度額 補足的給付額
第1段階 ,380 300 ,080
第2段階 390    990
第3段階 650    730

 ②高額介護サービス費

  月々に利用した介護サービスの自己負担分(介護給付費の1割)について、所得に応じて設けられた上限額と、本来負担すべき額との差額を給付する制度です。但し償還払いとなりますので、本来負担すべき額を一旦支払った後に申請して受給することになります。

上限額は下表の通りです。   

                         (月額:円)
介護保険料徴収段階 負担限度額
第1段階 15,000
第2段階 15,000
第3段階 24,600
 第4段階 37,200
 現行並み所得 44,400

(4)『旧措置者」の負担軽減措置
   介護保険施行時にすでに入所されていた方々に対して行われていた負担軽減措置は、
   対象を施設サービス費の自己負担割合が5%以下の方(「実質的負担軽減者」)に限っ
   て
継続を施設実質的負担軽減者とならない方については介護保険施行後ご利用に
   なられたと同じ利用料・減免体系となります。  

5.ご利用までの手続き
(1)要介護認定
介護保険の要介護認定を受けて頂き、要介護度3~5までの方がご利用頂けます。
(2)ご利用申込
申込用紙に所定の事項を御記入の上、お送り下さい。当方で受領致しました時点からお申し込み台帳に登録させて頂きます。なお、ご見学については事前にご連絡をお願い致します。また、お待ちの間に他の介護老人福祉施設をご利用になる等、お申し込みを取り下げられる場合には、お電話で結構ですのでお知らせ下さい。
(3)面接等
ご利用可能な時期が近づきましたら、当方よりご連絡をさせていただきます。ご利用頂ける場合には、可能な限りお伺いして、情報提供を受けさせて頂きます。

6.サービスご利用のために

  1.職員の適正配置
    介護職員・看護職員をお客様3人に対し1人という
   基準を遵守し、適切かつ質の高いサービス提供に努め
   ます。

  2. サービスマニュアルの作成・更新
     施設での各業務並びに職員の接遇の基本を示す
    サービスマニュアルを作成し、適宜更新することで、
    施設サービスの水準を保ち、高めます。

  3. 職員研修
     毎月全職員を対象とした研修を行い、また必要に
    応じて課題別研修を行います。
  4.身体的拘束
     ご利用契約に基づき、著しい自傷他害行為がある
    等、緊急やむをえない場合を除き、身体的拘束は行
    わないよう努めます。

  5.葬祭について
     お客様の葬祭が必要となった場合で、お困りの際に
    はご相談下さい。

  6.男性職員について
    介護・看護職員に男性職員も配置しております。
   不都合な場合はお申し出下さい。



7.施設利用にあったっての留意事項

 面会
    時間の指定はございませんが、午前9時~午後5時
  以外の時間帯にはお電話でお知らせ下さい。また、食中
  毒の防止のため食物管理にご協力ください。

 外出・外泊
   外出・外泊時には所定の書式をご記入下さい。なお、
  外泊については準備がございますので数日前までにお
  知らせ下さい。

 入院
   医療機関による入院加療が必要になった場合は医療
  機関への入院措置を取って頂きます。尚、入院期間につい
  ては介護保険からの給付は受けられませんので、その間に
  施設から行われる作業につきましては別表の自費負担によ
  るサービスとなります。また、外泊時費用の期間が終了後は
  他の方に当該ベッドを利用していただくことをご了承ください

 飲酒・喫煙
   飲酒・喫煙はお断りさせていただいております。ご了承くだ
  さい。

 設備・器具の使用
   介護上必要となる設備、器具についてはお客様個人の
  私物並びに施設備品どちらも使用できます。 なお、テレビ
  等個人で継続的に使用される機器に関する電気料等は
  別途ご負担いただきます。
  ● 金銭・貴重品の管理
    お客様のご都合により、金銭等の保管管理を行いま
   す。また預入れ,払戻し,振込み等の代行を承っておりま
   す。なお、これらの出納状況については所定の時間帯に
   随時ご確認下さい。

  ● 所持品の持ち込み
    所持品には記名をお願いいたします。なお、分量は
   ベッド備え付けの収納スペースに収まる範囲でお願い
   いたします。

  ● 
施設外での受診
    施設での診察以外に必要となる専門外来受診に
   ついては協力医療機関等で行い、施設職員が通院
   介助を行います。

  ● 宗教活動
     お客様ご本人の信仰は尊重させて頂きますが、他の
   お客様の療養生活の妨げとならないようご配慮下さい。
   また布教活動を行うことはご遠慮願います。



カントリービラ青梅